朝活多摩川 ルアーに好反応!瀬から飛び出すヤマメたち

羽村地区の多摩川

羽村地区の多摩川 朝から暑い

朝活と言っても早起き出来ないので、日が昇りきった8時30分〜9時15分の釣行。10時から仕事。

瀬

この日のポイントは見た目にも涼しげな瀬が続く、奥多摩漁協管轄では最下流の羽村地区です。

よく目を凝らしてみるとアユのギラギラがたまに見えますが、今回はルアーでヤマメ狙い。

サンダル
サンダル履き

小型のヤマメが多い場所なので、割り切って引きを楽しむためにペナペナなロッドをつかいました。

瀬をランガン

余り時間もないので、小さなスプーンをアップでテンポよく攻めます。良型がくればラッキーですが…

平瀬

平坦な瀬では対岸のボサ際に魚がついています。スプーンをボサのギリギリに落として、沈めてからギラッと誘いU字で食わせます。

やはり魚はいるらしく、バイトが多いです。しかし中々掛かりません。

朝から暑いな〜と思っていると、やっと!

ヤマメ

んま〜チビですが、久しぶりのヤマメ。綺麗です。竿がペナペナで柔らかいので、これでもよく引きます。

もう少しやりたいけど、タイムアップ

チビの反応ばかりとは言え、久々のヤマメは正直楽しい。仕事の直前に釣りをしていたら、時間があっという間に過ぎていきます。

ヤマメ

とても暑いですが、ヤマメたちは元気のようです。

ヤマメ

最後にミノーでも釣れました。

ギリギリまで釣りをしてたので、河原を駆け足で車まで戻ります。1時間に満たない釣りで、チビ助ばかりでありましたが、良い朝活トラウトになりました。

多摩川

この釣り場の紹介↓

多摩川 渓流釣り・鮎釣りポイント 青梅リバーサイド前の紹介
奥多摩漁協の中でも最下流部に位置するポイントの一つ。 漁協の案内図の22番にあたります リバーサイドとはゴルフの打ちっぱなし練習場のことです。 瀬が続きますが、川沿いに並ぶテトラ周りは深みになっており、放流日にはズラリと竿が並びます。

使用リール

関東屈指の人気河川 東京都心・神奈川県・埼玉県から近い奥多摩川の渓流釣り場案内↓

2021年渓流・鮎釣り解禁  奥多摩川の各ポイントを写真でチェック!② 上流域編
※ここでは奥多摩漁協発行の釣り場案内に沿って御嶽渓谷から昭和橋までを上流域と定めます。2021年渓流解禁目前 奥多摩川の各ポイントを写真でチェック! 中流域編はコチラから

コメント

  1. 福島 より:

    いつも楽しく拝読しています。私は6月からトラウトルアー釣り
    を始めた青梅在住の初心者です。諸事情で釣りができる時間が、午前10時から午後3時とルアー釣りには厳しい時間帯ですが、漸くカマツカ→ハヤ→チビヤマメ→デカニジ→そこそこのヤマメと釣果が出てきました。こちらのブログは写真が豊富で楽しく、釣行記も釣りの参考にさせて頂いています。これからも良い釣りを、ブログ楽しみにしています。では。

    • omenoyamame より:

      多摩川での釣り面白いですよね。デカニジ釣れて羨ましいです!
      このブログを見てくれてくださって嬉しいです。まだ暑い夏は続きそうですね、お互い良い魚が釣れますように!

タイトルとURLをコピーしました