6月初釣行 ルアーで多摩川、ニジマスフィーッシュ

最近、奥多摩川の釣行は仕事終わりの1時間がメインです。

夕暮れまでの1時間程…しかし短時間とはいえ、毎度中々に魚っ気はあります。

いつも放流ポイントを外して、半ネイティブ狙い。おかげで人に会わずに済む。

今回入った流れは実に5年ぶりでしたが、流れの筋は意外にも変わっていなかったです。

瀬がメインのフィールドでありますので、やる気のあるトラウトをランガンで狙う作戦です。

石が少ないのでボサ際を中心にドリフト。

釣り上り始めは、しばらく反応有りませんでしたが、間もなくチビヤマメが3連発。その後に今までとは違う威力のバイト!

しかし上手く針がかりせずに、ガッカリ君でした。

往年のポイント(私にとっての)界隈に来ても厳しい…

諦め半分で投げたdコンタクトにアタック!今度はファイトに持ち込めました。

ジャンプを3、4回。抵抗の仕方が今年放たれたニジマスではない…上手くキャッチできた魚体をみるとヒレが再生して、良好なコンディションの個体でした。

既に18時55分、釣りに夢中で気付きませんでしたが、奥さんから雷雲注意して!のLINEでふと空をみあげると分厚い雲が…

もう一本くらい出そうな雰囲気でしたが、みるみる内に暗くなり雷が光っておりましたので、ここで退散!

コメント

タイトルとURLをコピーしました